脱毛を受ける際は「日焼け」をすることができません。脱毛は長期になるケースも多く、その期間中は、ずっと日焼け対策をする必要があります。

また夏などの暑い季節は日焼けをしやすく、海やプールで遊べないのは辛いと感じている人もいるでしょう。

そこで今回は、メンズ脱毛で日焼けができない理由と、日焼けした人や地黒の人でも脱毛ができる方法を解説していきたいと思います。

脱毛で日焼けしてはいけない理由

日焼けをするとメラニン色素が増え、肌が黒くなります。

脱毛サロンの光脱毛や脱毛クリニックの医療レーザー脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応をしてダメージを与える仕組みです。

脱毛のレーザーは黒色に反応する

通常であれば毛根の黒い部分に反応してダメージを与えますが、日焼けをしていると肌に反応してしまい、強い痛みや熱さを感じてしまいます。

また、光やレーザーのダメージも分散されてしまい、脱毛効果も薄くなってしまうのです。さらに日焼けした肌は乾燥しているため、肌トラブルになる可能性も上がります。

こういった理由から、脱毛中は日焼けを避けるように指示されるのです。

脱毛中に日焼けしてしまうとどうなるのか

それでは脱毛中に日焼けをしてしまうと、施術にどんな影響があるのか解説をしていきます。

やけどの原因になる

まずは医療レーザー脱毛の、やけどリスクについてです。

医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応して熱を発生、毛根を焼き切る手法になります。

日焼けをしていない場合でも、毛根周りは軽いやけどをした状態になり、肌が弱い人だと赤く腫れ上がることも。そのため日焼けをしていると肌全体に熱が加わり、やけどをしてしまう可能性があります。

次に光脱毛の、やけどリスクについてです。

光脱毛はメラニン色素に反応をするライトを使用してします。肌全体に光を照射するため、日焼けをしていると広範囲にダメージ受けてしまうのです。

そのため、やけどをしたり、熱くて施術に耐えられなかったりするケースもあります。

出力を下げられてしまう または 照射を拒否されてしまう

サロンやクリニックでは、お客様の安全第一で施術を行っています。

やけどや痛みには細心の注意を払っており、日焼けをしている人には出力を下げたり、照射を中止したりする場合があります。

また出力が下がってしまうと脱毛効果が薄くなり、脱毛回数が増えることになりかねません。

費用面のコストパフォーマンスも下がってしまうため、日焼けは出来るだけ避けた方がいいでしょう。

どれぐらいの日焼けまでならOK?

右から2番目でほぼアウト

脱毛中の日焼けはNGですが、「どのくらいまでならOKなの?」と感じてしまいますよね。そこでどのくらいのレベルまでならOKなのか、解説をしていきます。

日焼け止めなしに1日海で遊んだらアウト

夏になると海やプールで遊ぶことも増えます。しかし日焼け止めをせずに1日海で遊んだら脱毛を中止するレベルになってしまうでしょう。

  • 肌が熱を持ってしまう
  • 皮が剥ける可能性が出てくる
  • 真っ赤になって跡ができている

上記のような状態になっているため、脱毛を拒否されてしまう可能性が高いです。

外出時に日焼け止めを塗っておけばほぼ問題なし

こまめに日焼け止めを塗っておけば、脱毛への影響も少なくなります。ただし、日焼けをしやすい人や地黒の人は、黒くなってしまう可能性があるので、夏場の外出には注意が必要です。

ヒゲ脱毛中にしておきたい日焼け対策

外出をしていると、知らないうちに日焼けすることもあります。できれば日焼けを予防して、脱毛に行きたいですよね。

そこでヒゲ脱毛中に効果的な日焼け対策を紹介していきます。

日焼け止めを塗る

夏場だけでなく晴れた日に外出をする際は、必ず日焼け止めを塗るようにしてください。

また最近では、服の上から噴射できる「UVカットスプレー」もあります。約80%の紫外線をカットしてくれるので、日焼け止めと併用してみてください。

皮膚や肌に良い食べ物を食べる

食生活を改善するだけでも日焼けをしにくくなります。

レバー 皮膚や粘膜を強くしてくれるビタミンAが豊富に含まれている
オリーブオイル 血行が良くなるビタミンEが豊富に含まれている
じゃがいも・レンコン ビタミンCを多く含み、メラニンの生成を抑制する働きがある

体の内側からも日焼け対策はできるので、脱毛中は食生活を改善してみましょう。

脱毛部位を紫外線に晒さない

シンプルで一番効果がある方法になります。

例えばヒゲ脱毛中なら、帽子やサングラスで顔の日焼けを防ぐ、腕を脱毛しているなら長袖を着るようにするといった感じです。

日焼けした肌や地黒の男性でも脱毛できる方法

脱毛を検討している人の中には「もう日焼けをしてしまった」「地黒だから脱毛はできない」と悩んでいる人もいるかと思います。

実は日焼けをしている人や地黒の人でも、脱毛可能な方法があるんです。

肌色に関係なく脱毛できる「美容電気脱毛」

美容電気脱毛
美容電気脱毛

美容電気脱毛は、プローブと呼ばれる器具を毛穴に刺し微弱な電流を流して、発毛機能を低下させる方法で、日焼けや肌の黒さに関係なく施術を受けることができます。

また美容電気脱毛を受けるならメンズTBCがおすすめです。

メンズTBCは肌に関する高い技術があり、施術前後のケアも丁寧に行ってくれます。特に自社開発した美容液やローションが評判となっており、アフターケアにも力を入れている脱毛サロンです。

おすすめプラン
美容電気脱毛
ヒゲ脱毛体験 1,000円(150本)
カラダ脱毛体験 1,000円(150本)

おすすめポイント
  • 年間20万人以上が来店する人気サロン
  • 1本ずつ処理する美容電気脱毛だからできる細かいデザイン
  • 処理した毛はその場でなくなる

バルジ領域にアプローチするメディオスター

メディオスター

メディオスターは医療レーザー脱毛と同じく、メラニン色素に反応をして脱毛を行う機器になります。ただ大きく違うのは「バルジ領域を狙ってダメージを与える」という点です。

バルジ領域とは、毛根に発毛を促す司令塔のような存在で、毛根細胞のよりも浅い部分にあります。

通常の医療レーザー脱毛は、毛根細胞に届くように強い照射を必要としますが、メディオスターは浅い部分にあるバルジ領域にダメージを与え脱毛をする機器です。

そのため他の医療レーザー脱毛ほど強い照射は行いません。日焼けをしている人や地黒の人でもやけどのリスクを最小限に抑えた施術が受けられます。

また他の医療レーザー脱毛機器と同じぐらい効果が高いため、しっかりと脱毛をしたい人におすすめです。

↓こちらはメディオスターを開発するAsclepion社の説明動画ですが、かなり色黒の男性でも脱毛できるのがわかると思います。

そしてメディオスターを受けるなら、ゴリラクリニックがおすすめです。

ゴリラクリニック

ゴリラクリニックは医療機関なので、医師のサポートを受けながら施術を受けることができます。

さらに医療機関でしか使用できない麻酔を完備しており、日焼けで痛みが強くなるのが不安という人でも安心です。男性専門のクリニックとして120万件以上の実績があり、技術力も申し分ありません。

おすすめプラン
医療レーザー脱毛
ヒゲ脱毛完了コース
(3部位)
68,800円
(6回+アフターフォロー)

おすすめポイント
  • 3年間のアフターフォローで満足行くまで脱毛できる「ヒゲ脱毛完了コース」
  • 予約時にレーザーマシンを選べる

まとめ:脱毛期間中は万全の日焼け対策を!

今回はメンズ脱毛において日焼けはNGというお話をしました。日焼けをしていても脱毛はできますが、効果が期待できなかったり、自分の望んだ脱毛方法を選べなかったりします。

これから脱毛をするという人は、万全の日焼け対策をして、より効果の高い施術を受けましょう。